保育園の役員を辞退したい!できない理由と保護者会断り方を上手く伝える方法!

スポンサーリンク

春は新年度の始まり!新しいクラスに友達、先生。

子供たちは希望に胸を膨らませていることでしょう!

一方でお母さん!1年で1回の勝負の日がやってきますよ!「役員決め」です!

役員をやりたいか?やりたくないか?100人にアンケートしたら、「やりたくない」がおそらく圧勝するでしょう!
(あくまでも私の予想ですけど 笑)

役員は夜の集まりがあるかもしれない。

時には仕事を休まなくてはならないかもしれない。

さあ、この勝負の日をどう乗り切るかで、1年の動きが大きく変わります。

私も色々なお母さんを見てきました。

その中で「納得できるな~」「いやじゃないな」という、角が立たずに済む断り方などを紹介したいと思います。

ちなみに私は、年長さんなどで役員をして重要なポストが回ってこないように、年少の時に早めに済ませてしまうタイプです!

スポンサーリンク

保育園の役員を辞退したい時に上手く断る理由!

家庭の事情や仕事の事情で、どうしても役員を断らなくてはならない時、どんな風にすれば角がたたないでしょう?

・家庭の事情でお断りする理由として出産や介護など色々あると思います。

このような場合は、自分の抱えている現状を正直にお話すれば大丈夫だと思います!

「この夏に出産予定です。役員会などにも出席が難しくなると思いますし、お仕事に穴をあけて他の役員さんに迷惑かけると思いますので、今回は役員をお断りさせてください。またなにかお手伝いできることがありました、お声かけください。」

きっと、妊娠・出産の大変さはみなさんお分かりだと思います。

だから、みなさん納得してくれると思います。

しかし「出産予定だから」の一言で済ませるのではなく、きちんと「引き受けられない理由」もお話ししましょう!

介護や、家族の病気の看病なども、同様に現状をお話すれば良いと思います。

しかし、中には病状などを人に知られたくない人もいると思います。

そんな時には、保育園の先生や、役員決めの会の司会(前役員さんなど)に事前にお話をしていると、助け舟をだしてくれると思います。

・お仕事を理由に断る理由として、忙しさと大変さを猛アピールした人がいました。

「仕事が非常に立て込んでいます。残業続きで、子供とも接する時間が取れていない状態です。今年は申し訳ありませんがお断りさせて頂きたいです。来年か再来年に役員を引き受けられたらいいなと思います。」

これだけ忙しくしていて、子供とも十分にかかわってあげられないんだ・・
大変だな・・子供も可哀想。無理に押し付けても、役員の仕事ができないよね。

という印象になります。なんだか、もうこれ忙しさをアピールしていると

これ以上何もいえない・・という状態になりましたが。みなさん「仕方ないね」と納得していました。

そして、断る時は「やる気はあります」「なにかできることはお手伝いします」という姿勢を、みなさんに見せることが大事だと思います。


スポンサーリンク

保育園保護者会で役員の断り方のポイント!

断り方のポイントは「誠意をみせること」、「嘘をつかないこと」です。

「私、仕事が忙しいから無理です!!」と他の保護者の皆さんとの間に、分厚くて高い壁を建てるのは絶対にしない方がいいですね。

私が保育園二年目の時にこのような保護者に遭遇しました・・

教室の空気は一瞬で凍り付き、保育園二年目の新米ママ(当時の私)にとっては驚きの光景でした(笑)

「みんな仕事やっとるわ!」という声がすぐに出ることでしょう。

実際に「みなさんお仕事しているのは一緒ですからね~」とベテランママの一言で終了。

あの時に分厚く高い壁を建ててしまったママさんは、その後も少し浮いている存在でした。

まず、保育園に子供が通うお母さんはお仕事をしている方が大半です

「仕事が忙しい」は保育園ではあまり効果はないと思います。

そして「嘘」をついて断ってしまうと・・

嘘がバレた時に大変です!他の保護者との関係は悪化する可能性があります。

断る際には、自分の都合ややりたくないという事を強く前面に押し出してはダメです。

あくまでも、保護者会(私の園では父母の会という名前です)は園が主体ではなく、「保護者」が主体なのです。

役員ではなくても、「保護者会の一員」であることは変わりないのです。

いつでも協力します!という姿勢が少しでも見せることが大事です。

保育園役員を断る理由で免除されるケース

私の知っている「保育園の役員が免除されるケース」を紹介します。

・妊婦さんで出産を控えている人。また、産後でまだ下の子が1歳未満の人。
(皆さん出産を経験されて大変さがわかるので、誰も反対もしませんね。逆に周りの保護者から免除の声が掛かります。)

・保護者本人が病気などを患っている。
・家族が病気等で看病や介護をしなくてはならない人。
(まずはこちらが優先ですから、誰も反対する人はいないでしょう。)

・年度内に転園予定のある人。
(転園していなくなれば、また役員を補充しなければなりません。だったら最初から免除です。)

・他のきょうだいの所で役員をしている人。
(きょうだいが保育園と小学校に在籍していて、上の子の小学校で役員をしている時など。さすがに被るのは大変ですからね。)

・会長や副会長などの役職の経験がある人。
(何かとお仕事が大変なので、暗黙の了解で役員を少しお休みできる風潮があります。)

私の知っている範囲では、このような理由があると役員は免除されます。

「仕事が理由」は難しいですね。

また最近は外国のママさんも増えてきましたよね。

「日本語が分からないからできない」と言う人がいました。

「じゃあ、パパさんでもいいよ!」とか「私がフォローするよ」という声が出て、これも免除理由にはならないようです。

役員はクラス一人ではないと思いますので、きっと一緒になった人がフォローしてくれると思います!

広報誌などの係は難しいと思いますが、きっとできるお仕事は色々とありますからね!

園によっては免除理由が異なると思いますが、少しでも参考になると嬉しいです。

まとめ

保育園の役員ってどうしてあんなに敬遠されてしまうのでしょうか?

私のこどもがお世話になっていた保育園でも、役員決めは毎年もめていました。

もはや恒例行事です(笑)

そんな時、画期的な提案が出ました。

「必ず一人一回は役員をやること。」

この案が保護者総会で可決され、今では、一人一回役員が鉄則になっています。

その流れは小学校にも波及しました。「断る」という選択がなくなったので、揉めなくなりましたね。

あとはどこの学年でやるのか?もうね、立候補の嵐ですよ!!

今の時代、子育て事情や環境もめまぐるしく変化しています。

特に保育園は働いてるお母さんばかり。

保育園の役員のあり方も時代に応じて、皆さんが躊躇わずに参加できるスタイルに変えていくべきだと思います。

スポンサーリンク